野菜ジュースの教科書

MENU

野菜ジュースをより効果的に飲むために

野菜ジュースを飲むときには、どのように飲むのが効果的なのでしょうか。

 

まず、野菜ジュースというのは、私たちが思っている以上に、塩分などが含まれていることが多く、飲みすぎると逆に体に悪いこともあるようです。このため、あまり毎日飲むというのは避けた方が良いでしょう。

 

しかし、普段から炭酸飲料、またはソフトドリンク、またはアルコールなどをよく摂取するという方の場合には、これらの飲み物を野菜ジュースに置き換えてみる、というのは非常に効果的です。たまに野菜ジュースに意識的に置き換えることで、健康をサポートしてくれるといった働きがあるのです。

 

また、お菓子などの甘いものなど間食をついついしてしまうという方は、これらのお菓子などを野菜ジュースに置き換えるのも非常に効果的であるといえるでしょう。余計な脂肪を増やすことなく、さらにはダイエット効果なども期待することができるのです。

野菜ジュースは選んで飲むことが大切

野菜ジュースと一言で言っても、さまざまなメーカーから発売されています。しかし、実は野菜ジュースは、製造する過程において、食物繊維、ビタミンなどが壊れてしまいやすいといわれています。

 

このため、野菜ジュースを選ぶ場合には、これらの成分の表などをしっかりと確認し、食物繊維、またはビタミンなどの含有量が豊富なものを選ぶとよいでしょう。

 

メーカーによって違いがありますので比較して選ぶこともお勧めです。また、自分の好みの味などもあると思いますので、味なども比較してから選ぶようにしましょう。

自作でジュースを作ってみよう

野菜ジュースと聞くと、市販されているジュースを思い浮かべる方も多いと思いますが、野菜ジュースにはこれ以外にも、自分で作るという方法があります。

 

自分で野菜を絞り、そして野菜ジュースを作った場合には、栄養素なども壊れにくく、栄養たっぷりのジュースを作ることができます。このため、自分で作ってみることもお勧めの方法です。

飲むタイミングを考えよう

野菜ジュースを飲むタイミングとしてベストといわれているのが、食前のタイミングです。これはなぜかというと、炭水化物、または脂肪分などを食前に食べてしまうと、血糖値が上昇してしまい、肥満などの原因となりかねません。

 

生活習慣病などのリスクを下げるためにも、まずは食事の前に、野菜ジュースを摂取するなどをして工夫することが必要であるといえるでしょう。