野菜ジュースの教科書

MENU

ダイエット中にも大活躍する低カロリー栄養食

厚生労働省が推進している、健康増進のための野菜摂取目標は1日350g以上です。日頃から、健康意識の高い日本人は私も含め野菜を出来るだけ多く食べようと心がけているとは思います。

 

しかし、350gというと現実的に中々食べられるものではなく、もちろん続けられるものでもないと思います。そんな中で野菜の栄養素をふんだんに摂れるサプリメントや酵素ドリンク等様々ありますが、私は安くて手軽に摂れる野菜ジュースを利用することが頻繁にありますし、大好きです。

 

身近なコンビニやスーパーで買えて、200ml入りのものから1L入りなど幅広く揃っているのも魅力的です。ちょっと何か飲みたいという時のドリンクとしてはもちろん、しっかりと野菜ジュースが飲みたい、家で好きな時に好きなくらい飲みたいという欲求にも応えてくれます。

野菜ジュースをダイエットに活用

私の場合は、そうしてちょっと何か飲みたいという時に野菜ジュースを飲むことが多いですが、それ以外にもダイエットをする時に欠かせない飲み物にもなっています。

 

ダイエット中は食事制限をすることがほとんどであり、限られた食事量の中で体に必要な栄養素を摂取するのが普段よりも難しくなっています。安易にカロリーだけを減らした食事をしているとかなり栄養が偏ってしまう事も多く、結果的にダイエットが成功したとしても健康を考えると失敗だと言えるということもあります。

 

もちろんいくら健康にいいからといっても摂り過ぎるのもよくないので、不足してしまうのも多過ぎるのも×とした上で、やはり日頃の食事プラス野菜ジュースを補助的に摂るというのが一番だと考えています。

様々な野菜ジュース

この野菜ジュースですが各社商品によって栄養素はもちろん、味も飲み応えも違いがあるので面白いです。ダイエットをしながら複数の種類を飲み比べましたが、トマトの味が濃く、濃縮された野菜がぎっしり詰まっていると感じられる少しドロッとしたジュースや、にんじんの味が強めで栄養素はたっぷり入っているけれどサラっとしたジュースなど様々です。

 

自分の好きな野菜ジュースを探しながらダイエットをするのも楽しいですし、少し苦手な野菜ジュースだなと感じた時にどうすれば自分好みの味になり、飲みやすくなるかを考えながら飲むのも楽しいです。

 

私はトマト味が濃い野菜ジュースは苦手なのですが、りんごジュースで割るととても飲みやすくなるのでそうしています。
また、豆乳とミックスして飲むと野菜のエグみや青臭さが消えてマイルドになり、満腹感も出てとてもおいしく気に入っています。

 

野菜ジュースは日々の生活に溶け込んでいた

日頃から野菜ジュースにお世話になっていますが、こうして考えてみると改めて野菜ジュースが私の日々の生活の中に溶け込んでいる事を実感します。

 

今後も野菜ジュースにお世話になりながら日々の生活やダイエット生活を送っていきたいと考えています。